スキンクリームの使い方

スキンクリームは、スキンケアの仕上げとして用いるのが基本です。洗顔後に化粧水を十分に肌に浸透させたら、美容液や乳液を使用します。化粧水は、肌になじませることが重要。肌に乗せるだけでなく、水分を肌内部に浸透させるように、少し時間を空けてから次のお手入れに進みましょう。

美容液や乳液も、ゆっくり時間をかけて浸透させるのがポイント。あまり時間をかけていられないというときでも、1つのステップで3~5分くらいは時間をとるようにしましょう。

乳液は、油分が多過ぎてしまうという場合、省略しても問題ありません。スキンクリームで潤いを閉じ込めることができますから、肌の調子と相談しながらステップを選ぶようにしましょう。スキンクリームは、たっぷり使用しなくても大丈夫

基本的には、小指の先くらいの量でも足ります。つけすぎは、テカリやべたつきの原因になりかねません。額や頬、あごなどに少しずつ乗せてから、ゆっくりと肌に滑らせるようにしてください。肌によく浸透するように、顔を包み込むようにすると、体温で肌になじみやすくなります。

スキンクリームを塗ったあとに、べたつきが気になるようであれば、ティッシュで押さえてもOKです。